一病息災で有意義な毎日

いまから8年前、会社の健康診断のオプションで脳ドックを受診。
動脈瘤が見つかり、開頭手術でテーピングをしました。
それまでは病気知らずでしたが、これを機に自分の人生を考え直し、
残りの人生を意義あるものにしたいと退職しました。
無病息災が一番良いのかもしれませんが、
私的には一病息災で病気とうまく向き合って日々生活しているいまの自分が
有意義で楽しいものと感じています。
このまま一病のままでと祈りながら……。

 
                              【N・Kさん(50代)岡山県備前市】
 
<編集部コメント>
病気とうまく向き合っていらっしゃるご様子が伝わってきます。
これからもお元気でお過ごしください。