検査の大切さ、医療技術の進歩を実感

私は、平成27年1月に、前立腺がんに罹患していることがわかりました。
前立腺がんは50歳を過ぎたら、
PSA腫瘍マーカーの数値検査を受けたほうがいいということを知ってはいたのですが、
10年以上も受けないで過ごしていました。
病院の先生に手術を希望したのですが、
いまは高精度の放射線治療がいい治療結果を出しているので、
そのほうが良いとすすめてくれました。
その結果、腫瘍マーカーの数値が正常域に回復しました。
検査の大切さと、いまの医療技術の高さを実感しました。
 
                              【I・Gさん(60代)千葉県銚子市】
 
<編集部コメント>
最適の治療を選択でき、また回復に向かわれているとのこと、
よかったです。読者のみなさまへ、
検査の大切さについて、これからもお伝えしていきます!