病気になっても、みんなで支え合っていきたい。

若い頃より病院に来る回数が増え、院内などでさまざまな病気について書いてある
「からころ」のような雑誌を目にする機会も増えました。
本当にいろんな病気があり、それと闘っているたくさんの患者さんと医療従事者がいるんだと思いました。
病気のことを理解し、勉強し、ともに助け合い支え合い、病気と向き合うことが大事だと感じました。
大変なのは、自分だけではなく、もっと大変な人もいると思うと、
自分にできることはやっていこうと思いました。
 
                              【Y・Mさん(30代)宮城県石巻市】
 
<編集部コメント>
病気を理解し、ともに支え合っていく……
みんながこう考えていったら、
きっとすてきな世の中になるでしょうね!