荒美有紀さんの記事に心打たれました。

「うららかピープル」の荒美由紀さんの記事に心を打たれました!!
生涯があっても、「死なない、めげない、引きこもらない」と心に誓い、
どんどん前に向かって進んでいく姿に感動し、何度も読み返してしまいました。
だって、人間、そんなにたやすく「強くなったり」
「前しか見ないでつき進む勇気」ばかり持てる生き物ではないですから。
どんな人間だって、「苦しみ」「悩み」「打ちひしがれて」
「心折れる」こと多いですからね。
荒さんの、いま目の前にあることを一生懸命取り組む姿に、
私も目の前にあることを「心をこめて」「丁寧に」「一つ一つ」やりとげていけば、
なんとかなるのでは! と、生きるヒントをいただいたのでした。
ありがとう♡ 荒さん。
 
                              【K・Yさん(20代)静岡県浜松市】
 
<編集部コメント>
43号の「うららかピープル」は、「東京盲ろう者友の会」理事の 
荒美有紀さん(28)にご登場いただきました。
「盲ろう」は、視力と聴力を失った方々のことです。
編集部でも何度も読み返して、その度に涙して、
勇気をもらっています。